デコレーション技法と向き合う

デコレーション(装飾)を施す際、瞬時にどの技法を選択するべきなのかを判断出来てこそプロ。
装飾行為そのものを生業としている私たちにとってデコレーション技法の探究は、
永遠のテーマとして取り組まなくてはいけない使命です。
デコレーションアイテムと使用する部材の素材の相性を見極めながら
最大限に素材を活かすことと同時に、使用するお客様の使用感までを想像し、
より実用的で、美しく格好良く、その人らしいモノを創造出来る様努力しております。

装飾アイテムへの下地処理法、ラミネートデコレーション

特殊なシール素材を使用した装飾方法であるラミネートデコ(ラミネートデコレーション)を施した上にスワロフスキー®クリスタルを配置することで、ラインストーンの隙間をキラキラにみせることが可能となりました。この手法では、隙間をきれいに見せるだけではなく同時にデザインや柄を鮮明に表現できる画期的な手法となっております。

また、デザインなどに飽きた場合は綺麗に元の状態に戻るよう剥がすことが可能なのもラミネートデコの魅力の一つです。

そんなラミネートデコ(ラミネートデコレーション)の普及により近年ではデコレーションの完成度が飛躍的に向上しました。

しかし、ラインストーンの配置方法ではラミネートデコレーションに必要以上に依存をすることで、製作者により仕上がりのムラが多く出てきている事も現状です。

リクレでは、スワロフスキー社製ラインストーンの配置の際にも細心の注意をはらい、デコレーション技能検定試験有資格取得者がデザインがしっかりと鮮明に表現できるように丁寧に一つ一つ装飾しております。そんなストーン配置方法は、多くの方々に指示され長くご愛用を頂いております。

スワロフスキー®クリスタルという最高の素材を余すところなく堪能して頂けるようにベース素材からこだわった、リクレ独自のデコレーションを是非お楽しみください。

スワロフスキー®クリスタルのバランス良い配置方法とは?

リクレで製作するデコレーションは、全てフラットバックの形状をした#2058のラインストーンを使用しています。市販されているデコレーションでは、同一サイズのものを使用したデコレーションが多いのですが、当店では、通常ss5~ss16のサイズを使用し、デザインや対象物の形状によりストーンサイズの調整をしながらバランスよく配置しています。

一ヶ所に同一サイズが集中する形でのストーン配置は、バランスが悪くなるため、全体的にバランスよく散りばめられた配置にし、すっきりとしたストーン配置になるようデコレーションしております。

美しいストーン配置は、同時に剥がれにくい加工になり、長く使用しても思った以上に損傷が少なく済みます。

こうした自信から、当店では永年保証サービスも行っておりますので、お客様には長く愛用して頂けるようになっております。

バランスの良いストーン配置とは、デザインや、柄がすっきりと見え、使用する方にこの上無い満足感を与えるデコレーションであると考えます。不必要な隙間、ラインのがたつきなどが少ない加工方法を修得した、デコレーション技能検定試験有資格者の高い技術を是非その手にしてください。

スワロフスキーデコレーションイメージ
メニューを閉じる
×

カート